Emacs M-xでコマンドの実行

前回見つけたキーバインド一覧(describe-bindings)を表示するためのキー操作(C-h b (Ctrl + h、b))ですが、もっと簡単な方法がありました。同じくキーバインド一覧にあり、F1キー、bです。

指が疲れて、なるべく同時に2つのキーを押したくないなあ、と思っていたところなので、このキー操作はとても助かります。

さて、Emacs再入門6日目です。今回もEmacsを探検していきます。マウスを使って、メニューのToolsの中を物色します。すぐにGamesに目が行って、テトリス見つけました。実行してみます。

Emacsのスクリーン上でテトリスが始まりました。GUIだとこんなことできるんですね。

このテトリスですが、キーバインド一覧になかった気がします。C-s Tetrisで検索。

Failingと表示されました。やはりありません。テトリスをキー操作で実行することはできないのでしょうか。
キーバインド一覧を探していると、こんなキー操作を見つけました。M-xで拡張コマンド実行?

早速このキー操作を試してみたいと思います。M-xなので、ALT押しながらxキー、そしてtetrisと入力してEnter。

すると、偶然にも、さきほどと同じテトリスが起動しました。

たまたまテトリスを起動するコマンドの名前がtetrisだったので動いたんだと思います。
冒頭でF1 b操作を見つけた時に、別のコマンドも見つけていたのですが、これって

たぶんコマンドについて説明してくれるコマンドなのでは?
F1 a、tetrisと入力してEnter。

tetrisについて表示されました。

されに太字で書いてあるtetrisという単語を、クリックできるようです。クリックすると、解説が現れました。

依然Emacsでテキスト編集をするほどには上達していないのですが、Emacsのヘルプの読み方がかなり分かってきたので、Emacs使いになる日も、そう遠くないと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA