Windowsコマンド(fsutil quota)(その6)

前回は、quota強制を有効化して、ファイルが作成できなくなりました。

再度queryを確認してみます。

C:\Windows\System32>fsutil quota query c:
FileSystemControlFlags = 0x00000002
    このボリュームではクォータが追跡され強制されます
    クォータ イベントのログ作成が無効です
    クォータ値が最新の値です

既定のクォータしきい値 = 0xffffffffffffffff
既定のクォータ制限     = 0xffffffffffffffff

SID 名            = BUILTIN\Administrators (Alias)
変更時刻          = 2019年3月9日   7:14:54
使用クォータ      = 9931123712
クォータしきい値  = 18446744073709551615
クォータ制限      = 18446744073709551615

~省略~

SID 名            = DESKTOP-GQ56KQL\takk(User)
変更時刻          = 2019年3月9日   7:34:38
使用クォータ      = 462952448
クォータしきい値  = 10
クォータ制限      = 10

よく見れば、使用クォータよりも、クォータ制限が少ないです。
使用クォータよりも大きい数字に変更してみます。

C:\Windows\System32>fsutil quota modify
使用法 : fsutil quota modify <ボリュームパス名> <しきい値> <制限> <ユーザー>
    例 : fsutil quota modify c: 3000 5000 domain\user

C:\Windows\System32>fsutil quota modify c: 462952458 462952458 takk

C:\Windows\System32>

使用ウォータから10Byteプラスした値を設定しました。

C:\Windows\System32>fsutil quota query c:
FileSystemControlFlags = 0x00000002
    このボリュームではクォータが追跡され強制されます
    クォータ イベントのログ作成が無効です
    クォータ値が最新の値です

既定のクォータしきい値 = 0xffffffffffffffff
既定のクォータ制限     = 0xffffffffffffffff

SID 名            = BUILTIN\Administrators (Alias)
変更時刻          = 2019年3月9日   7:43:36
使用クォータ      = 9931239424
クォータしきい値  = 18446744073709551615
クォータ制限      = 18446744073709551615


~省略~


SID 名            = DESKTOP-GQ56KQL\takk (User)
変更時刻          = 2019年3月9日   7:47:58
使用クォータ      = 462950400
クォータしきい値  = 462952458
クォータ制限      = 462952458

なぜか使用クォータ自体変更されてしまいました。

では、ファイル作成してみます。

C:\Users\takk\tmp>echo 12345678> c.txt

C:\Users\takk\tmp>

ファイル作成できたでしょうか。dirで確認。

C:\Users\takk\tmp>dir
 ドライブ C のボリューム ラベルがありません。
 ボリューム シリアル番号は C4E9-35F2 です

 C:\Users\takk\tmp のディレクトリ

2019/03/09  16:50    <DIR>          .
2019/03/09  16:50    <DIR>          ..
2019/03/09  16:50                10 c.txt
               1 個のファイル                  10 バイト
               2 個のディレクトリ               0 バイトの空き領域

C:\Users\takk\tmp>

問題ないようです。
では、quotaにひっかかるサイズのファイルを作成してみます。
fsutil file createNew を使って、3000 Byteのファイルを作成します。

C:\Users\takk\tmp>fsutil file createnew
使用法 : fsutil file createNew <ファイル名> <長さ>
   例 : fsutil file createNew C:\testfile.txt 1000

C:\Users\takk\tmp>fsutil file createnew test.txt 3000
エラー:  ディスクに十分な空き領域がありません。

C:\Users\takk\tmp>

ついでにviolationsを確認。

C:\Windows\System32>fsutil quota violations
System イベント ログを検索中...
Application イベント ログを検索中...
クォータ違反は検出されませんでした

C:\Windows\System32>

やはり、検出されないんですね。まあそのうち。
次は、成功するであろうファイルサイズで確認。
ファイル作成できるでしょうか。

C:\Users\takk\tmp>fsutil file createnew test.txt 2000
エラー:  ディスクに十分な空き領域がありません。

C:\Users\takk\tmp>

だめですねえ。管理情報等でサイズがなくなるってことなんでしょうねえ。
100Byteぐらいにしてみます。

C:\Users\takk\tmp>fsutil file createnew test.txt 100
ファイル C:\Users\takk\tmp\test.txt が作成されました

C:\Users\takk\tmp>

作成できました。

つづく

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA