Windowsコマンド(icacls)(その7)

今回は、/resetです。

ICACLS <名前> /reset [/T] [/C] [/L] [/Q]
    すべての一致するファイルについて、ACL を継承された既定の ACL と置換します。

説明を読んでも、よくわからないので、使ってみましょう。

いつものように実験ファイルを作ります。

C:\Users\takk\Desktop>echo HELLO > test.txt

C:\Users\takk\Desktop>icacls test.txt
test.txt S-1-5-21-282166592-494520350-4258074492-1003:(I)(F)
         NT AUTHORITY\SYSTEM:(I)(F)
         BUILTIN\Administrators:(I)(F)
         DESKTOP-TRO4JUU\takk:(I)(F)

1 個のファイルが正常に処理されました。0 個のファイルを処理できませんでした

C:\Users\takk\Desktop>

では/resetします。

C:\Users\takk\Desktop>icacls test.txt /reset
処理ファイル: test.txt
1 個のファイルが正常に処理されました。0 個のファイルを処理できませんでした

C:\Users\takk\Desktop>icacls test.txt
test.txt S-1-5-21-282166592-494520350-4258074492-1003:(I)(F)
         NT AUTHORITY\SYSTEM:(I)(F)
         BUILTIN\Administrators:(I)(F)
         DESKTOP-TRO4JUU\takk:(I)(F)

1 個のファイルが正常に処理されました。0 個のファイルを処理できませんでした

C:\Users\takk\Desktop>

変化なしです。

では他アカウントへ権限を付与してみます。

C:\Users\takk\Desktop>icacls test.txt /grant testuser2:f
処理ファイル: test.txt
1 個のファイルが正常に処理されました。0 個のファイルを処理できませんでした

C:\Users\takk\Desktop>icacls test.txt
test.txt DESKTOP-TRO4JUU\testuser2:(F)
         S-1-5-21-282166592-494520350-4258074492-1003:(I)(F)
         NT AUTHORITY\SYSTEM:(I)(F)
         BUILTIN\Administrators:(I)(F)
         DESKTOP-TRO4JUU\takk:(I)(F)

1 個のファイルが正常に処理されました。0 個のファイルを処理できませんでした

C:\Users\takk\Desktop>

/resetを実行すると、この付与した権限が元に戻る、つまり削除されるんだろうと思います。

実行してみます。

C:\Users\takk\Desktop>icacls test.txt /reset
処理ファイル: test.txt
1 個のファイルが正常に処理されました。0 個のファイルを処理できませんでした

C:\Users\takk\Desktop>

さて、アクセスリストはどう変わってるでしょうか。

C:\Users\takk\Desktop>icacls test.txt
test.txt S-1-5-21-282166592-494520350-4258074492-1003:(I)(F)
         NT AUTHORITY\SYSTEM:(I)(F)
         BUILTIN\Administrators:(I)(F)
         DESKTOP-TRO4JUU\takk:(I)(F)

1 個のファイルが正常に処理されました。0 個のファイルを処理できませんでした

C:\Users\takk\Desktop>

予想通り元に戻りました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA