Windowsコマンド(reg query)


アニメ『さらざんまい』
頭がおかしくなるアニメきました。嫌いじゃないです。

reg queryを使います。
ヘルプから。

C:\Users\takk>reg query /?

REG QUERY キー名 [/v [値名] | /ve] [/s]
          [/f データ [/k] [/d] [/c] [/e]] [/t 種類] [/z] [/se セパレーター]
          [/reg:32 | /reg:64]

  キー名   [\\コンピューター\]完全キー
           コンピューター リモート コンピューター名 - 省略した場合、現在の
                          コンピューターが既定として使われます。HKLM と HKU
                          のみリモート コンピューターで利用できます。
           完全キー       ルートキー\サブキー名の形式
               ルートキー [ HKLM | HKCU | HKCR | HKU | HKCC ]
               サブキー   選択したルートキーの下のレジストリ キーの完全な名前

  /v       指定されたレジストリ キーの値を照会します。
           省略した場合、キーの値をすべて照会します。

           このスイッチの引数は、/f スイッチを指定するときのみのオプションです。
           これは、値名を照会するためにのみ指定します。

  /ve      既定の値、または空の値名 (既定) を照会します。

  /s       dir /s のようにサブキーと値をすべて再帰的に照会します。

  /se      REG_MULTI_SZ のデータ文字列で使う (長さ 1 の文字のみの) セパレーター
           を指定します。省略した場合、"\0" がセパレーターとして使われます。

  /f       検索するデータまたはパターンを指定します。
           文字列にスペースが含まれている場合は、二重引用符を使ってください。
           既定値は、"*" です。

  /k     キー名のみを検索するときに指定します。

  /d     データのみを検索するときに指定します。

  /c     大文字と小文字を区別して検索します。
         既定の検索では、大文字と小文字を区別しません。

  /e     完全に一致するものだけを返すように指定します。
         既定では、一致したものすべてを返します。

  /t     レジストリ値のデータの種類を指定します。
           有効な種類は以下のとおりです。
              REG_SZ、REG_MULTI_SZ、REG_EXPAND_SZ、
              REG_DWORD、REG_QWORD、REG_BINARY、REG_NONE
           既定ではすべての種類が指定されます。

  /z     詳細: 値名の種類と数値的に同等なものを表示します。

  /reg:32  32 ビット レジストリ ビューを使用して
           キーにアクセスする必要があることを指定します。

  /reg:64  64 ビット レジストリ ビューを使用して
           キーにアクセスする必要があることを指定します。

例:

  REG QUERY HKLM\Software\Microsoft\ResKit /v Version
    レジストリ値 Version の値を表示します

  REG QUERY \\ABC\HKLM\Software\Microsoft\ResKit\Nt\Setup /s
    リモート コンピューター ABC 上のレジストリ キー Setup の下のサブキー
    と値をすべて表示します

  REG QUERY HKLM\Software\Microsoft\ResKit\Nt\Setup /se #
    値名の種類が REG_MULTI_SZ であるすべての値名に対して、セパレーターを #
    として、サブキーと値をすべて表示します。

  REG QUERY HKLM /f SYSTEM /t REG_SZ /c /e
    データの種類が REG_SZ、HKLM ルートの下で、大文字と
    小文字を区別して "SYSTEM" と完全に一致するキー、値、および
    データを表示します

  REG QUERY HKCU /f 0F /d /t REG_BINARY
    データの種類が REG_BINARY、HKCU ルートの下で、データ内の "0F" が一致
    するキー、値、およびデータを表示します

  REG QUERY HKLM\SOFTWARE /ve
    HKLM\SOFTWARE の下の空の値 (既定) の値とデータを表示します

C:\Users\takk>

ヘルプの例にあるコマンドを実行してみます。

C:\Users\takk>reg query hklm\software\microsoft\reskit /v version
エラー: 指定されたレジストリ キーまたは値が見つかりませんでした

C:\Users\takk>

レジストリキーがないようです。それはそうですね。自分のPCのレジストリに存在するキーでないといけません。
存在するキーを指定してみます。

C:\Users\takk>reg query hkey_local_machine\software\microsoft\msbuild\4.0 /v defaulttoolsversion

HKEY_LOCAL_MACHINE\software\microsoft\msbuild\4.0
    defaulttoolsversion    REG_SZ    2.0


C:\Users\takk>

使えました。レジストリを全部覚えられれば、ものすごく使えるコマンドに違いありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA