Windowsコマンド(typeperf)(その7)


アニメ『賢者の孫』
異世界転生系ですが、毎度現実世界のシーンは要らないなあって思うのは私だけでしょうか。

typeperfの-fオプションの続きです。
前回は、CSV、TSVを指定したので、BINを指定してます。

  -f <CSV|TSV|BIN|SQL>          出力ファイルの形式です。既定は CSV です。
C:\Users\takk\tmp>typeperf "\Processor(_Total)\% Processor Time" -f BIN

[-]

CTRL+Cで停止。

C:\Users\takk\tmp>typeperf "\Processor(_Total)\% Processor Time" -f BIN

                                      
コマンドは、正しく完了しました。

C:\Users\takk\tmp>
C:\Users\takk\tmp>dir
 ドライブ C のボリューム ラベルがありません。
 ボリューム シリアル番号は C4E9-35F2 です

 C:\Users\takk\tmp のディレクトリ

2019/04/28  18:07    <DIR>          .
2019/04/28  18:07    <DIR>          ..
2019/04/28  18:05           131,072 output.blg
               1 個のファイル             131,072 バイト
               2 個のディレクトリ  16,590,868,480 バイトの空き領域

C:\Users\takk\tmp>

やたらファイルサイズが大きいです。

C:\Users\takk\tmp>wsl od -tx1z -Ax output.blg | wsl head
000000 00 00 01 00 58 02 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00  >....X...........<
000010 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00  >................<
*
000030 58 02 00 00 01 00 04 00 00 00 00 00 00 00 00 00  >X...............<
000040 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 02 c0 be 01 00 00  >................<
000050 f4 13 00 00 00 1b 00 00 51 ae 06 8d a1 fd d4 01  >........Q.......<
000060 0a 00 00 00 04 00 00 00 00 00 01 00 0a 00 01 05  >................<
000070 63 45 00 00 01 00 00 00 ad 79 f5 91 a1 fd d4 01  >cE.......y......<
000080 5a 62 02 00 00 00 00 00 01 08 02 30 02 00 00 00  >Zb.........0....<
000090 01 00 00 00 08 00 00 00 00 00 00 00 f0 0c 00 00  >................<

C:\Users\takk\tmp>

バイナリだとどうやって使えばよいか分かりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA