WSLを使う(その5)

ELFの実行確認はできたので、ファイルを消します。

消えました。次は、exeファイルを作って実行確認してみます。

やっぱり、monoです。VBを使います。

このような、Windows Formのプログラムになりました。

ビルド。すぐにデスクトップ上にexeファイルが現れました。VirtualBoxと比べて、ものすごく手軽に感じます。

デスクトップのtest.exeをダブルクリックして実行。

ん! コンソールも出てきてしまうのですね。まあ、設定があるのでしょう。
とりあえず、WSLから、exeファイルを作って動かす確認はできました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA