Vimスクリプト(:argdo)

:bufdoを実行した直後に、:argdoを実行してみます。

前回:2,3bufo s/HELLO/HELL/ を実行したところからの続きです。

ではargdo実行。

:3,4argdo! s/LL/OO/

Enterを押してメッセージを消すと。

さらに:ball

:ball


bufdoで置換した後、バッファの保存は実行していませんが、argdoでバッファが初期状態に戻ることなく置換されました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA