Vimスクリプト(:badd)

:badd使います。

複数ファイルを作成しておいて、一つだけVimで開きます。

/tmp $ for i in {1..5};do echo HELLO$i>test_$i.txt;done
/tmp $ vim test_1.txt

:baddでファイルを指定します。

:badd test_2.txt


あれ!? 何か変わったのでしょうか。
buffer-listを確認します。

:ls


カレントバッファは変更されずに、buffer-listにバッファが追加されました。
:baddのヘルプを見てみます。

:bad[d] [+lnum] {fname}
                Add file name {fname} to the buffer list, without loading it.
                If "lnum" is specified, the cursor will be positioned at that
                line when the buffer is first entered.  Note that other
                commands after the + will be ignored.

buffer-list上に既に存在するファイル名を指定すると、どうなるでしょうか。

:badd test_1.txt


特にエラーは出ませんね。
buffer-listは、

:ls


特に変わりません。
今buffer-listに入っているバッファのことは気にせずに、:baddが使えるってことですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA