Windowsコマンド(fsutil)


アニメ『W’z』

噛み合わない。ってセリフはなんだか耳障りなんですが、
音楽は好きですねえ。何度も聞きたくなります。

今回はfsutilを使います。まずは、オプションなしで。

C:\Users\takk2>fsutil
---- サポートされているコマンド ----

8dot3name         8dot3name management
behavior          ファイル システムの動作の制御
dax               DAX ボリュームの管理
dirty             ボリュームの dirty ビットの管理
file              ファイルに固有のコマンド
fsInfo            ファイル システム情報
hardlink          ハードリンクの管理
objectID          オブジェクト ID の管理
quota             クォータの管理
repair            自己復旧の管理
reparsePoint      再解析ポイントの管理
storageReserve    記憶域予約の管理
resource          トランザクション リソース マネージャーの管理
sparse            スパース ファイルの管理
tiering           記憶域階層化プロパティの管理
transaction       トランザクションの管理
usn               USN の管理
volume            ボリュームの管理
wim               透過的な wim ホスティングの管理

C:\Users\takk2>

オプションっていうよりも、サブコマンドを指定するんですね。
19個もあります。
ヘルプは表示されるでしょうか。

C:\Users\takk2>fsutil /?
/? は無効なパラメーターです。
---- サポートされているコマンド ----

8dot3name         8dot3name management
behavior          ファイル システムの動作の制御
dax               DAX ボリュームの管理

~省略~

ヘルプはないようです。fsutilをパラメータなしで実行したときと同じ一覧が表示されました。

次はサブコマンドを指定します。

C:\Users\takk2>fsutil 8dot3name
---- サポートされる 8DOT3NAME コマンド ----

query   システム上の短い名前の動作について現在の設定を照会
scan    影響を受けるレジストリ エントリを検出
set     システム上の短い名前の動作を制御する設定を変更
strip   ディレクトリ内のすべてのファイルの短い名前を削除

C:\Users\takk2>

queryを実行してみます。

C:\Users\takk2>fsutil 8dot3name query
レジストリの状態は 2 です (ボリューム単位で設定します - 既定値)。

C:\Users\takk2>

サブコマンドの一覧と説明も見れるので、ヘルプはいらないですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA