Windowsコマンド(w32tm debug)(その2)

前回は、w32tm /debugコマンドの/disableを実行したので、今回は、/enableを実行します。

C:\Windows\System32\tmp>w32tm /debug /enable /file:test.txt /size:100000 /entries:0-300

C:\Windows\System32\tmp>

何か変わったでしょうか。

C:\Windows\System32\tmp>dir
 ドライブ C のボリューム ラベルがありません。
 ボリューム シリアル番号は C4E9-35F2 です

 C:\Windows\System32\tmp のディレクトリ

2019/03/28  21:46    <DIR>          .
2019/03/28  21:46    <DIR>          ..
2019/03/28  21:46                 0 test.txt
               1 個のファイル                   0 バイト
               2 個のディレクトリ  73,752,756,224 バイトの空き領域

C:\Windows\System32\tmp>

ステータスを確認します。

C:\Windows\System32\tmp>w32tm /query /status
次のエラーが発生しました。 そのサービスを開始できませんでした。 (0x80070426)

C:\Windows\System32\tmp>

あ、サービス開始していませんでした。

サービスを起動して、

C:\Windows\System32\tmp>net start "windows time"
Windows Time サービスを開始します.
Windows Time サービスは正常に開始されました。


C:\Windows\System32\tmp>

これで動きましたね。

C:\Windows\System32\tmp>w32tm /query /status
閏インジケーター: 3 (同期未実行)
階層: 0 (未指定)
精度: -23 (ティックごとに 119.209ns)
ルート遅延: 0.0000000s
ルート分散: 0.0000000s
参照 ID: 0x00000000 (未指定)
最終正常同期時刻: 未指定
ソース: Local CMOS Clock
ポーリング間隔: 10 (1024s)


C:\Windows\System32\tmp>

ログを確認します。

C:\Windows\System32\tmp>dir
 ドライブ C のボリューム ラベルがありません。
 ボリューム シリアル番号は C4E9-35F2 です

 C:\Windows\System32\tmp のディレクトリ

2019/03/28  21:46    <DIR>          .
2019/03/28  21:46    <DIR>          ..
2019/03/28  21:46                 0 test.txt
               1 個のファイル                   0 バイト
               2 個のディレクトリ  73,726,574,592 バイトの空き領域

C:\Windows\System32\tmp>

サイズが増えていないってことは、ログの書き込みがされていないってことですね。
ここで、わざと時刻をずらしてみます。
「Windowsの設定」「時刻と言語」「日付と時刻」で、 「時刻を自動的に設定する」をオフにして、 適当に今の時間ではない時間を設定後、再度、 「時刻を自動的に設定する」をオンにします。
dirで、ログのサイズが増えたか確認してみましょう。

C:\Windows\System32\tmp>dir
 ドライブ C のボリューム ラベルがありません。
 ボリューム シリアル番号は C4E9-35F2 です

 C:\Windows\System32\tmp のディレクトリ

2019/03/28  21:46    <DIR>          .
2019/03/28  21:46    <DIR>          ..
2019/03/28  22:12            44,738 test.txt
               1 個のファイル              44,738 バイト
               2 個のディレクトリ  73,733,779,456 バイトの空き領域

C:\Windows\System32\tmp>

増えていますね。ログが書き込まれたってことでしょう。
では、disableに戻します。

C:\Windows\System32\tmp>w32tm /debug /disable
プライベート ログを無効にするコマンドをローカル コンピューターに送信しています...コマンドは正しく完了しました。

C:\Windows\System32\tmp>

つづく

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA