Windowsコマンド(w32tm debug)

今回は、/debugコマンド
ヘルプです。

w32tm /debug {/disable | {/enable /file:<名前> /size:<バイト> /entries:<値>
    [/truncate]}}
  ローカル コンピューターの Windows タイム サービスのプライベート ログを有効
  または無効にします。
  disable       - プライベート ログを無効にします。
  enable        - プライベート ログを有効にします。
            file:<名前>      - 絶対ファイル名を指定します。
            size:<バイト>    - 循環ログの最大サイズを指定します。
            entries:<値>     - フラグ一覧を含めます。フラグは数値で指定し、
                               コンマで区切ります。
                               フラグにより、ログ対象の情報の種類を指定します。
                               有効な数値は、0 から 300 です。単独の数値だけ
                               ではなく、0-100,103,106 のように数字の範囲を
                               指定できます。0-300 の値を指定すると、すべての
                               情報がログに記録されます。
  truncate      - ファイルが存在する場合に切り捨てます。

エラーが出ると分かっていますが、最初は引数なしで実行してみます。

C:\Users\takk\tmp>w32tm /debug
次のエラーが発生しました。 パラメーターが不足しています

C:\Users\takk\tmp>

次は、disableを実行。

C:\Users\takk\tmp>w32tm /debug /disable
次のエラーが発生しました。 アクセスが拒否されました。 (0x80070005)

C:\Users\takk\tmp>

あれ? エラーですね。/debugコマンドももしかしたら管理者権限必要なんでしょうか。

/enableでも実行してみます。

C:\Users\takk\tmp>w32tm /debug /enable /file:test.txt /size:1000 /entries:0-300
次のエラーが発生しました。 アクセスが拒否されました。 (0x80070005)

C:\Users\takk\tmp>

やはりそうですね。では、管理者権限で/disable実行

C:\Windows\system32>w32tm /debug /disable
プライベート ログを無効にするコマンドをローカル コンピューターに送信しています...コマンドは正しく完了しました。

C:\Windows\system32>

おっ、実行できました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA