Windowsコマンド(logman create)

logmanってのはきっとログを管理するツールだと、この時点では思ってます。
なのでlogman createは何かというと、ログファイルを新規で作るためのコマンドに違いありません。
使ってみます。

C:\Users\takk\tmp>logman create new_log
少なくとも次の引数のいずれかが必要です:
  counter
  trace
  alert
  cfg
  providers

エラー:
パラメーターが間違っています。

C:\Users\takk\tmp>

はい、怒られました。素直にヘルプを見ます。

C:\Users\takk\tmp>logman create /?

Microsoft R Logman.exe (10.0.17763.1)

使用法:
  logman create <counter|trace|alert|cfg> <[-n] <名前>> [オプション]

アクション:
  create                        新しいデータ コレクターを作成します。

パラメーター:
  counter                       カウンター データ コレクターを作成します。
  trace                         トレース データ コレクターを作成します。
  alert                         警告データ コレクターを作成します。
  cfg                           構成データ コレクターを作成します。

オプション:
  -?                            状況に応じたヘルプを表示します。
  -s <computer>                 指定されたリモート システム上でコマンドを実行します。
  -config <ファイル名>          コマンド オプションが記述されている設定ファイルです。
  [-n] <名前>                   ターゲット オブジェクト名です。
  -[-]u <ユーザー [パスワード]> 実行するユーザー名です。パスワードに * を入力するとパスワードを要求します。パスワード
                                のプロンプトでパスワードを入力するときに、入力しているパスワードは、表示されません。
  -m <[start] [stop]>           スケジュールされた開始または停止時刻ではなく、手動の開始または停止に変更します。
  -rf <[[hh:]mm:]ss>            指定した時間にデータ コレクターを実行します。
  -b <yyyy/MM/dd H:mm:ss[午前|午後]> 指定した時刻にデータ コレクターを開始します。
  -e <yyyy/MM/dd H:mm:ss[午前|午後]> 指定した時刻にデータ コレクターを終了します。
  -o <パス|dsn!ログ>            出力ログ ファイルのパスまたは SQL データベースの DSN とログ セット名です。既定のパス
                                は '%systemdrive%\PerfLogs\Admin' です。
  -[-]r                         指定した開始時刻と終了時刻でデータ コレクターを毎日繰り返します。
  -[-]a                         既存のログ ファイルに追加します。
  -[-]ow                        既存のログ ファイルを上書きします。
  -[-]v <nnnnnn|mmddhhmm>       ログ名の後に、ファイルのバージョン情報を添付します。
  -[-]rc <task>                 ログが閉じられるごとに指定されたコマンドを実行します。
  -[-]max <値>                  最大ログ ファイル サイズ (MB) または SQL ログの最大レコード数です。
  -[-]cnf <[[hh:]mm:]ss>        指定した時間が経過したとき、または最大サイズに達したときに新しいファイルを作成します。
  -y                            すべての質問に対して確認を求めずに、"はい" で応答します。
  -ets                          コマンドを保存またはスケジュールしないで、直接イベント トレース セッションに送信しま
                                す。

注意:
  余分な [-] は、オプションを打ち消します。
  たとえば --u は、-u オプションをオフにします。

詳細情報:
  Microsoft TechNet - https://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=136332

C:\Users\takk\tmp>

サブコマンドについてもヘルプが充実しています。

さらにその下のcounterコマンドも指定してヘルプを見てみましょう。

C:\Users\takk\tmp>logman create counter /?

Microsoft R Logman.exe (10.0.17763.1)

使用法:
  logman create counter <[-n] <名前>> [オプション]

アクション:
  create                        新しいデータ コレクターを作成します。

パラメーター:
  counter                       カウンター データ コレクターを作成します。

オプション (counter):
  -c <パス [パス [...]]>            収集するパフォーマンス カウンターです。
  -cf <ファイル名>              収集するパフォーマンス カウンターを一覧表示したファイルです。1 行に 1 カウンターです。
  -f <bin|bincirc|csv|tsv|sql>  データ コレクターのログ形式を指定します。SQL データベース形式の場合は、コマンド ライ
                                ンに DNS!log オプションと併せて -o オプションを使用する必要があります。既定値はバイナ
                                リです。
  -sc <値>                      パフォーマンス カウンター データ コレクターで収集するサンプルの最大数です。
  -si <[[hh:]mm:]ss>            パフォーマンス カウンター データ コレクターのサンプル間隔です。

オプション:
  -?                            状況に応じたヘルプを表示します。
  -s <computer>                 指定されたリモート システム上でコマンドを実行します。
  -config <ファイル名>          コマンド オプションが記述されている設定ファイルです。
  [-n] <名前>                   ターゲット オブジェクト名です。
  -[-]u <ユーザー [パスワード]> 実行するユーザー名です。パスワードに * を入力するとパスワードを要求します。パスワード
                                のプロンプトでパスワードを入力するときに、入力しているパスワードは、表示されません。
  -m <[start] [stop]>           スケジュールされた開始または停止時刻ではなく、手動の開始または停止に変更します。
  -rf <[[hh:]mm:]ss>            指定した時間にデータ コレクターを実行します。
  -b <yyyy/MM/dd H:mm:ss[午前|午後]> 指定した時刻にデータ コレクターを開始します。
  -e <yyyy/MM/dd H:mm:ss[午前|午後]> 指定した時刻にデータ コレクターを終了します。
  -o <パス|dsn!ログ>            出力ログ ファイルのパスまたは SQL データベースの DSN とログ セット名です。既定のパス
                                は '%systemdrive%\PerfLogs\Admin' です。
  -[-]r                         指定した開始時刻と終了時刻でデータ コレクターを毎日繰り返します。
  -[-]a                         既存のログ ファイルに追加します。
  -[-]ow                        既存のログ ファイルを上書きします。
  -[-]v <nnnnnn|mmddhhmm>       ログ名の後に、ファイルのバージョン情報を添付します。
  -[-]rc <task>                 ログが閉じられるごとに指定されたコマンドを実行します。
  -[-]max <値>                  最大ログ ファイル サイズ (MB) または SQL ログの最大レコード数です。
  -[-]cnf <[[hh:]mm:]ss>        指定した時間が経過したとき、または最大サイズに達したときに新しいファイルを作成します。
  -y                            すべての質問に対して確認を求めずに、"はい" で応答します。

注意:
  余分な [-] は、オプションを打ち消します。
  たとえば --u は、-u オプションをオフにします。

詳細情報:
  Microsoft TechNet - https://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=136332

例:
  logman create counter perf_log -c "\Processor(_Total)\% Processor Time"
  logman create counter perf_log -c "\Processor(_Total)\% Processor Time" -max 10 -rf 01:00

C:\Users\takk\tmp>

やはりヘルプが充実してはいますが、さきほどと同じような内容が書かれている気がします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA