回転体でテーブルを作る(Blender)

bl-screw-031
たまにはコマンドラインを忘れて、お絵かきに専念してみます。Blenderをフツーに操作して、ビーチパラソルとテーブルのセットを作って行きますが、今回はテーブルのみです。

まずは、Blenderを起動します。
bl-screw-001
Blender起動時は、最初からCubeが用意されています。

xキーを押すと、オブジェクトを削除するか聞いてきますので、Deleteを選択します。
bl-screw-002
次に、Shift+Aキーを押すと、メニューが表示されます。Planeを選択します。
bl-screw-003
Planeは横に倒れた状態で生成されます。
bl-screw-004
Planeを90度起こしたいと思います。
rキーを押して、xキー、数字の9、0キーを押して、Enterします。
bl-screw-005
TABキーを押すと、EDITモードに切り替わります。
bl-screw-006
Meshの選択モードをEdgeにします。
bl-screw-007
右クリックで、左側のEdgeを選択します。
bl-screw-008
xキーを押して、Edgesを選択します。
bl-screw-009
逆コの字型の線のみになりました。
bl-screw-010
右クリックで、右側のEdgeを選択します。
bl-screw-011

Subdivideをクリックします。
bl-screw-012
Number of Cutsを4にします。
bl-screw-013

右クリックで、右側の辺から真ん中のEdgeを選択します。
bl-screw-014
マニピュレータを左に移動させます。
bl-screw-015

右クリックで、右下のEdgeを選択します。
bl-screw-016
マニピュレータを左に移動させます。
bl-screw-017
右クリックで、上のEdgeを選択します。
bl-screw-018
マニピュレータを下に移動させます。
bl-screw-019
右クリックで、下のEdgeを選択します。
bl-screw-020
マニピュレータを上に移動させます。
bl-screw-021

TABキーを押して、OBJECTモードに切り替えます。
bl-screw-022
左クリックで、カーソルをオブジェクトの左側に設定します。
bl-screw-023
上から見るとこうです。
bl-screw-024
SHIFT + CTRL + ALT + Cキーを押して、Origin to 3D Cursorを選択します。
bl-screw-025
マニピュレータがオブジェクトの右側に移動しました。
次に、Modifiersを選択します。
bl-screw-026
Screwを選択します。
bl-screw-027
回転しました。
bl-screw-028
回転軸をYに変更します。
bl-screw-029
テーブルになりました。
bl-screw-030

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA